花ぐらし

40代女性。自分らしく、生きやすく。

髪を切りました!【ロング→ショートボブ】

f:id:ohana77:20180124145534j:plain

髪を、バッサリと切りました。

 今日は、髪のお話。

 -----------------------------------------

しばらく伸ばしていた髪を、切りました。

これまで


それまでの10年はほとんど、ボブかショートボブ。

短かったのですが、 ロングヘアにはずっと、憧れがあったのです。

 

くせ毛風の自然なカールの髪に、花柄のふんわりワンピース…👗

子供の頃から憧れていました。

 

いかり肩で面長、目鼻立ちも地味目な私は、決してゆるふわ、ではないのです。

でも憧れる!!!

ふんわりスカートも、履いてみたい!

という野望が、時々発露します^^;

 

とはいえ。

エビちゃん佐々木希の路線じゃないのは…わかってます。

昔なら、モデルのはなさんとか、今なら黒木華ちゃん。

和風で面長だけど、ゆるふわ。

そう、ああいう感じ。

憧れます。

 

去年の年始、体調を崩し、美容院に行けない時期がありました。

ちょうどその頃、長めのボブが伸びてきた。

これ、このまま伸ばせそうだな!

 

そして1年。

すっかりロングヘアになりました。

 

なぜ切ったか?

 それは、ある知人のひとこと。

久々にあったその人👱‍♂️に、

「なんか、老けたね?」

と、言われたのです。

ぎくっ!

私「やっぱり、そう思う??」

 

最近鏡を見るたび、覇気がない。と思うことが増えてきました。

ゆるむ輪郭のライン、肌のシミやくすみ、コシのない髪。

加齢に伴うものはある程度仕方ないですが、何だか…。

溌剌としていない。

 

歳をとるのは仕方ないけど、疲れて見えるのは悲しい。

 

でも、何を改善していいのかがわからないのです。

 

 よし。

髪型だな。

 

😅

 

肌や髪質は、すぐにどうこうできるモノじゃない。

でも、髪型なら一気に印象を変えられる。

 

もともと、伸ばしていても、巻いたりブローしたり、マメにする方ではありませんでした😅  

 

 

髪を切って

 切ってもらった人にも、ああ、短い方がいいね!と。

 

うーん。

やっぱり、これがしっくり来るな。

 

「自分はこれなんだ」というスタイルを、なかなか確立できない私ですが。

髪型はもう迷わないかな。

 

老けて見える、ということは、イコール

自分の人生を生きてない

ということだったのかもしれません。

髪型は、ひとつの要因。

これをきっかけに、自分のスタイルを固めていこう。

 

なんと、理容院

 

実は、今回初めて理容院を利用しました。

 

前回、美容院に行ってまだ半月。こんなに早く切るつもりじゃなかったので、

 

予算オーバーじゃん…。

 

と思っていたら、知り合いの男性と髪の話になりました。

 

行っている理容院が、面白いらしい!

 

椅子が1台。

1人だけの予約専用。

サイトを見ても、シンプルでカッコ良さそう。

教えてくれた人の髪も、ツーブロックでいい感じだし、何よりカットの料金安いじゃない…。

この理容院、いいじゃん!

と、すぐに予約しました(笑)

半分は好奇心です。

 

あとは、短くすると、マメに通わなくてはいけない。

手軽に行けると、頻度が高くてもおっくうではありません。(←家計が苦しいと、美容費をカットしがち)

 

理容院

ちゃんと素敵にしてもらえました。

シェービングお願いしたら、超気持ちいいし!!

 

昔は、女性も定期的に、顔に剃刀を当てていたんですよ、と理容師さん。

 年末、お祝いごと、着物を着るとき。

 

なるほどな〜。日本文化にも通じる、粋な習慣ですよね。

ふわふわの泡が気持ちよく、手触りすべすべになって、帰ってきました。

 

うん、理容室面白い!

理容師さんは、「あなた、なぜここに?」という感じでしたが(笑)
実は、知り合いの男性に聞いて…と、ちゃんと説明しました。

 

細かいディテールやサービスは美容院とは違うけれど、技術はあるから、要望を伝えたら応えてくれそうだし。

 

次も、ここにしてみようっと。

 

ショートにして、理容室に通う…って、「ゆるふわカール」の女性らしさとは真逆ですが^^;

自分らしいのは、こちらかもしれません。

 

すっきりショートで、1年の良いスタートを切れそうです^^

広告を非表示にする