花ぐらし

40代女性。自分らしく、生きやすく。

【無料・有料】カウンセリングをはしごした話

f:id:ohana77:20170926170916j:plain

おはなです。いくつになっても人生に迷うこと、ありますよね??

 

数年前、無料・有料ともに、電話でのカウンセリングを利用しました。

そのときの話。

 

 カウンセリングって、ハードルが高く感じませんか。

 

どんな事言われるんだろう?

 

料金もかかりそう。

 

何か売りつけられたりしない?

 

利用するまで、私もそうでした。

 

「興味はあるけど、利用するのはちょっとなぁ…」。

 

でも、利用してみると、良いものだったんです。

 

きっかけ

以下の記事に書いたように、別れを経験します。

ohana77.hatenablog.com

 

 かなり迷走しました。

友人のアドバイスと、無料カウンセリングサービスへの電話

社会的にきっちりした友人たちは、相談するとまっとうなアドバイスをくれます。

 

「さぁ、切り替えて」

「恋人作って」

「仕事頑張って」

 

でも、沈んだ時のこのようなアドバイスは、あまり意味をなしませんでした。

 

頭では、もちろん自分でも理解している。

でも、感情が付いてこない。

 

割り切れない、出来ない自分が惨めにもなりました。

 

「いつでも話を聞くよ」と言われながらも、連絡は途絶えがちに…。

 

 

そんな時、このカウンセリングサービスを知りました。 

www.counselingservice.jp

カウンセリングサービスとは 

 

神戸メンタルサービス合資会社を母体に、個人カウンセリング事業部として、2001年7月に設立された組織です。

 

有り難いのは、初回無料の電話カウンセリングがあることです。

 

初回のみ、何人と話しても無料なんです。

f:id:ohana77:20170926160230j:plain

※ 赤丸の電話番号です。

 

そうか、試してみられるんだ。

 

ある日、思い切って電話してみました。

 

しかしまずは、予約から。

電話してすぐに話を聞いてもらえるのではないので、注意してください。

一週間くらい見ておくと、よいと思います。

 

予約当日、指定の番号に電話をかけて、1時間話してみる。

 

そのカウンセラーが自分にあったと思えば、個別に契約をするシステムです。

 

私は、男性、女性それぞれ1人ずつと話してみました。

 

男性は冷静に、論理的に。

 

女性は柔らかく、共感調で。

 

持ち味は違いましたが、どちらにもその時の状況をいったん肯定され、気持ちが落ち着いたのを覚えています。

「そうなるよね」

「仕方ないよね」

「それでいいと思うよ」

 

その言葉に、どれほど安心したか。

 

まず、肯定する。そのことは、人の心を解くのですね。

この時は、肯定の言葉にただただほっとしてしまい、契約まではむすびませんでした。 

 

有料カウンセリング

そこから、カウンセラーと心理学に興味を持ち、様々なコラムや本を読みました。

カウンセリングサービスのサイトにも、心理学コラムがたくさんあります。

本も買いました。

 

特に、根本裕幸さんの本はとても納得することが多く、ためになりました。

 nemotohiroyuki.jp

 

根本さんは人気が高く、カウンセリングは激戦です。

 

 一度ちゃんと、カウンセリング受けてみたいな~と思っていたある日。

コラムを読んで「これだ」と思ったカウンセラーにメールを送り、

「しばらく電話をさせて欲しい」と依頼しました。

 

月に1回、決められた時間に電話をする×4回。

自分を洗いざらい話せる環境を、求めていたんだと思います。

 

初回では、状況をくわしく話しました。

 

そのとき、課題として提案されたのが、

 

「元パートナーにコンタクトをとり、感謝と宣言をする」

 

ということ。

 

1人ではそんなこと、しようとも思いませんでした。

-------------------------------------------

 

当日。あくまでさりげなく、伝えました。

ありがとう、私は自分の道を行くね、というようなこと。

 

改めてそんなことを言われ、相手は驚いてました。

そりゃあ、そうですよね。

私も、顔がこわばっていたかもしれません(笑)。

 

 

宣言の相手は1人で良かったんですが、この間、同じような宣言を、いろいろな人にしました。

 

今思うと、この経験以後、苦しさから解放されていきます。

すぐにはわかりませんでしたけど。

有料カウンセリング、その後

全4回のうち、

1回目で「宣言」を提案されました。

2回目にその報告。

そして、3回目の予約をころっと忘れてしまいました(笑)

お詫びの連絡をして、それきりになってしまいました。

 

そこからしばらくして、新しくパートナーとなる人が現れます。本当に不思議ですね。

まとめ

距離のある第三者に、洗いざらい話すこと。

今の状況を、全肯定されること。

それだけで、開放されることもあるでしょう。

くわえて、踏み出すという宣言。

 

どうしようもなく道に迷ったり、閉塞感のある方。

カウンセリングに興味はあるけど、何だか不安だという方。

私は、利用して良かったと思っています。

 

利用することで、浮上するきっかけを、掴めるかもしれません。