花ぐらし

40代女性。自分らしく、生きやすく。

一年前の自分と比べる

おはなです。
気持ちが沈み、浮き上がらないときに、やってみたこと。

f:id:ohana77:20171219105640j:plain

 最近、精神的に健康ではありませんでした。

私は普段、仕事の場では、感情を表に出しません。
会社では世間話もあまりしないし、淡々と仕事しています。
昔からそうだったわけではなく、今のメンバーのなかで、ということもあるかもしれませんが。


でも実は、感受性が強く、感情もあふれるので、一度波がおこると、収まるのに時間がかかります。


何かに「いやだ!」と思うと、その感情に引きずられてしまう。

あれもだめ、これもだめ、と思い始めてしまう。
そして、過去を探って「あの時もだめだったし、この時もだめだった」と、「だめ」な根拠、理由を探し始めるのです。

まったくもって、不毛な時間。
こんな時、少し冷静に、客観的に見られると良いのですが。


仕事では、感情を一切出さない。
そのはけ口はプライベートに及びます。
パートナーに愚痴ったり、ひたすら食べて消化したり。

という自分のパターンも、だんだんわかってきました(笑)

ひとつのきっかけ

だめだ、いやだ、というサイクルにはまった時。

抜け出すきっかけを探すため、心理学のコラムを読み漁ります。

今回もしばらく、「だめモード」だったんですが(ブログも書けなくなるわかりやすい性格!)、このコラムで「おお」と浮上してきました。

半年前の自分と比べて成長したところを見つけると自己肯定感もあがって、自信が付きやすい。 | 心理カウンセラー根本裕幸


過去の自分と比べる、というワードに、何度かかかり。
最終的にこのコラムで、そうだな、腹に落ちました。

「動けるところ、うまく行ってるところ、好きなところ、やってみたいことにエネルギーを向けていく、ということなんです」

ダメなところを見るのではなく、うまくいっているところを認めるんですね。
半年前…いや、一番ひどかった、一年前と比べてみると

----------------------------------------------------------
■仕事     150%。ほぼ休みのない毎日から、週2日の休みを確保。
               業務内で、やりたいこと、得意なことに集中できた。    

■プライベート  120%。キッチン用具・インテリアで好きなものが揃ってきて、
        部屋の快適度UP。切り詰めている感もない。

■パートナーシップ 100%(これは横ばい)
        嵐のような感情を出せ、なんでも話せる恋人がいる。

-----------------------------------------------------------

私、超優秀!!
ずっと良くなってる!

…とかいいながら、どこかで「もっとこう出来るはず」「ここがまだダメ」と、思ってしまってもいるんですが。
-----------------------------------------------------------------------
本当は、会社やめるのがいい気がしていて。
なんか、自分らしく振る舞えない。

去年より、ずっといい。

でも、私はもっと、よくなりたい。

もっと快適に、もっと自分らしく。

次は、退職が目標かな。
でもその前に、ちゃんと改善できている自分を、めいっぱい誉めたいと思います。